地ビール(クラフトビール)の森
「地ビールの森」は、小規模でビールを製造、販売を行なっている 日本の地ビール醸造所(クラフトビール)の紹介をしている情報サイトです。

地ビール製造に欠かせない機器

地ビール作りでは製造工程すべてが欠かせない物ですが、その中でも特徴的なのが糖化を行う「仕込釜」、麦汁にホップを加える「煮沸釜」、麦汁に無菌の酸素と、ビール酵母を加え発酵させるための「発酵タンク」あたりになります。

そしてこれらの機器の風貌というか、佇まいはいかにもビールを造ってますという雰囲気があって、工場見学を行っている醸造所ではある意味「目玉」となっています。

仕込釜

麦芽の中の酵素が働きやすい温度に保つための素材と、形状になっているのが特徴(温度を保つことで、デンプンを糖に分解するのを助ける)

煮沸釜

濾過した麦汁に「ホップ」を加えて煮立てるのが、煮沸釜。そのため煮立てやすい素材、形状になっているのが特徴(って仕込釜と同じ形状の物が多い)。

発酵タンク

麦汁にビール酵母を入れて発酵させるのが、この発酵タンク。発酵には温度管理が重要なので、温度を一定に保てるような工夫がしてあるのが特徴です。

ソーシャルメディア

※登録のあるソーシャルメディアのみ表示しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>