地ビール(クラフトビール)の森
「地ビールの森」は、小規模でビールを製造、販売を行なっている 日本の地ビール醸造所(クラフトビール)の紹介をしている情報サイトです。

ビール純粋令

ビール純粋令(ビールじゅんすいれい)とは、1516年にバイエルン公ヴィルヘルム4世が制定した法律で、「ビールは、麦芽・ホップ・水・酵母のみを原料とする」と定めている。

また、1マース(約1リットル)あたりの価格制限を定めている。またそれらを故意に破った醸造業者に対しては、生産したビール樽全てを押収すると罰則も定めている。

ビール純粋令では、大麦麦芽のみを使う場合には下面発酵酵母を、小麦やライ麦の麦芽を使う場合には上面発酵酵母で醸造しなければならないと決められている。

ビール純粋令は、ビールの品質の向上と、小麦やライ麦といった他の食糧(主にパン)の原料をビールに使用することを禁止することで食料を確保する狙いがあった。
現在でも有効な食品に関連する法律としては世界最古とされている。

ソーシャルメディア

※登録のあるソーシャルメディアのみ表示しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>